2009年11月17日

即尺の奏法

即尺の奏法普化宗即尺の伝統はに引きつがれました。最近そんなことを感じます。即尺の音が好きだったので先生を探し、よき出会いが与えられた。これらの朗読の合間にまたバックに演奏を入れます。その練習することに、日本伝統楽器の即尺の意味があるように思う。起源には諸説あるようで、明らかではありません。ウェブ本棚サービスブクログでのレビューを見る私と同年で同門でした宮田耕八朗氏は独自の道を歩み、プロとして立派に活躍されていますが、後を継ぐ人は少ないと言っていました。西洋楽器とのコラボレーションなどを通して新しい魅力を発信している藤原さんに、コンサートはもちろん即尺や邦楽の楽しみ方をたっぷり伺ってきました。


posted by ミゲルナ at 15:22| アダルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。